経済情報を発信!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近の経済指標は米経済の回復示す=オバマ大統領
 [ワシントン 31日 ロイター] オバマ米大統領は31日、毎週恒例のラジオ演説で、今週発表された各経済指標に改善傾向が示されたことについて、米国経済の回復を示す一段の証拠だと述べた。同時に「景気回復までの道のりは長い」として、慎重な姿勢も崩さなかった。


“返済猶予法案 早期成立を”
国民新党代表の亀井郵政改革・金融担当大臣は広島県福山市で講演し、景気の悪化に苦しむ中小企業などの返済を金融機関に猶予するよう促す法案について、「年末に間に合わなければ、失業率が悪化する可能性がある」として、早期に成立させる必要があるという考えを示しました。

日米間 大容量の海底ケーブル
日本とアメリカの間で敷設が進められていた大容量の光海底ケーブルが千葉県に陸揚げされました。来年春にサービスが始まりますと、急増しているインターネットを使った動画などの通信がこれまでより安定化し、通信環境が向上することになります。

日航赤字路線 国の支援を検討
企業再生支援機構に支援を要請した日本航空が、地方の赤字路線の廃止を検討していることについて、前原国土交通大臣は「飛行機が飛ばない空港がないようにしたい」と述べ、地方路線を維持するため、期間を限って国が支援を行う考えを明らかにしました。

トヨタ 大卒新人を生産現場に
トヨタ自動車は、いわゆるエコカーに対する購入支援策によって、ハイブリッド車を中心に販売が好調で、生産現場の人手が足りなくなっていることから、ことし春に入社した大卒の新入社員およそ900人を来年1月から3か月間、組み立て工場などに配置することになりました。

エネルギー消費 過去最大減
昨年度の石油などのエネルギーの消費と、それに伴って排出された二酸化炭素は、景気悪化の影響で企業の生産活動が低下したことなどから、いずれも大幅に減って過去最大の減少となりました。

ドコモとKDDI 不振が続く
携帯電話大手3社のうち、NTTドコモとKDDIの先月までの半年間の携帯電話の販売台数は、前の年の同じ時期と比べて14%を超える大幅なマイナスとなり、販売不振が続いていることがわかりました。

7割近い企業 見通し据え置き
企業のことし9月の中間決算の発表がピークを迎え、企業業績の改善傾向が鮮明になっていますが、来年3月までの1年間の業績見通しについては、70%近い企業が当初の予想を据え置き、先行きについて慎重な見方を崩していないことがわかりました。

大手電機 8社中7社が黒字に
大手電機メーカーのことし7月から9月までの営業損益は、薄型テレビの国内販売が好調だったことなどから、大手8社のうち7社が黒字となり、政府の景気対策などの効果で業績の改善傾向が続いています。

証券大手5社 黒字を確保
証券大手5社のことし9月の中間決算は、金融市場が落ち着いたことで投資信託の販売が伸びたことなどから、各社とも黒字を確保しました。

環境税と控除見直しが焦点に
各省の税制改正要望が30日に提出されたことから、政府税制調査会は今後、来年度の税制改正に向けた本格的な議論に入り、温暖化対策としてガソリンなどに対する環境税導入の是非や所得税の扶養控除をどこまで見直すかなどが焦点になる見通しです。

AIG 日本事業の売却を中止
アメリカ最大手の保険グループ「AIG」は、金融危機による経営悪化によって売却の方針を示していた、日本の生命保険会社「AIGエジソン生命」と「AIGスター生命」について、経営を維持して収益を上げるほうがグループの経営の建て直しにつながるとして売却を中止することを決めました。

スポンサーサイト
米CITの破産法適用申請の可能性高まる、アイカーン氏が支持
 [ニューヨーク 30日 ロイター] 米著名投資家のカール・アイカーン氏は30日、経営難に陥っている米金融サービス会社CITグループがプレパッケージ型破たん手続きを進めることを支持する考えを明らかにした。


米FRB、銀行に系列企業への融資認める緊急流動性対策延長せず
 [ワシントン 30日 ロイター] 米連邦準備理事会(FRB)は30日、緊急流動性対策の一部について、クレジット市場の正常化を理由に期限を延長しないことを明らかにした。金融危機で資金繰り難に直面した関連企業に銀行が資金を融通することを許可した措置を終了する。


米株式市場でシティ急落、繰延税金資産めぐる損失懸念で
 [ニューヨーク 30日 ロイター] 30日の米株式市場で大手銀行シティグループの株価が5.1%安と急落した。会計の専門家ロバート・ウィレンズ氏が、第4・四半期にシティは繰延税金資産をめぐり100億ドルの損失を計上する可能性が高いとの見方を示したことが背景。


NY株主要指数が大幅反落、景気回復めぐる懸念広がる
 [ニューヨーク 30日 ロイター] 米株式市場は急反落し、ダウの下げ幅は7月以来の大きさとなった。景気回復の勢いは、過去7カ月間の株高を維持するには不十分との見方が広がった。また、シティグループの財務状況をめぐる懸念を背景に金融株が売られた。


トヨタ 大卒新人を生産現場に
トヨタ自動車は、いわゆるエコカーに対する購入支援策によって、ハイブリッド車を中心に販売が好調で、生産現場の人手が足りなくなっていることから、ことし春に入社した大卒の新入社員およそ900人を来年1月から3か月間、組み立て工場などに配置することになりました。

エネルギー消費 過去最大減
昨年度の石油などのエネルギーの消費と、それに伴って排出された二酸化炭素は、景気悪化の影響で企業の生産活動が低下したことなどから、いずれも大幅に減って過去最大の減少となりました。

ドコモとKDDI 不振が続く
携帯電話大手3社のうち、NTTドコモとKDDIの先月までの半年間の携帯電話の販売台数は、前の年の同じ時期と比べて14%を超える大幅なマイナスとなり、販売不振が続いていることがわかりました。

7割近い企業 見通し据え置き
企業のことし9月の中間決算の発表がピークを迎え、企業業績の改善傾向が鮮明になっていますが、来年3月までの1年間の業績見通しについては、70%近い企業が当初の予想を据え置き、先行きについて慎重な見方を崩していないことがわかりました。

大手電機 8社中7社が黒字に
大手電機メーカーのことし7月から9月までの営業損益は、薄型テレビの国内販売が好調だったことなどから、大手8社のうち7社が黒字となり、政府の景気対策などの効果で業績の改善傾向が続いています。

証券大手5社 黒字を確保
証券大手5社のことし9月の中間決算は、金融市場が落ち着いたことで投資信託の販売が伸びたことなどから、各社とも黒字を確保しました。

環境税と控除見直しが焦点に
各省の税制改正要望が30日に提出されたことから、政府税制調査会は今後、来年度の税制改正に向けた本格的な議論に入り、温暖化対策としてガソリンなどに対する環境税導入の是非や所得税の扶養控除をどこまで見直すかなどが焦点になる見通しです。

AIG 日本事業の売却を中止
アメリカ最大手の保険グループ「AIG」は、金融危機による経営悪化によって売却の方針を示していた、日本の生命保険会社「AIGエジソン生命」と「AIGスター生命」について、経営を維持して収益を上げるほうがグループの経営の建て直しにつながるとして売却を中止することを決めました。

日航再建対策本部 初会合開く
深刻な業績不振に陥っている日本航空の再建について協議する政府の対策本部の初会合が開かれ、当面の事業継続に必要な融資に政府保証をつけることなどの支援策の検討を急ぐことになりました。

税制改正要望 締め切り迎える
来年度の税制改正に対する各省庁からの要望は、30日に提出の締め切りを迎え、民主党が政権公約に掲げた中小企業の法人税率の引き下げのほか、ガソリンなどを対象にした「地球温暖化対策税」導入などの要望が出されました。

中国ベンチャー市場 株価高騰
中国政府が初めて開設したベンチャー企業向けの株式市場の取り引きが始まり、上場したすべての銘柄で株価が高騰して、一時取り引きが停止になるなど、高い経済成長を取り戻した中国の新しい株式市場に強い関心が示されました。

中間決算 改善も先行きは慎重
東京証券取引所に上場する企業のことし9月の中間決算の発表が30日、ピークを迎え、企業業績は夏以降、景気対策の効果などで改善傾向が強まっていますが、先行きについては慎重な見方をする企業が多く、来年3月までの1年間の業績見通しは2年連続で減益となっています。

日経平均株価 1万円台回復
30日の東京株式市場は、アメリカの景気回復への期待感が高まったことから、多くの銘柄に買い注文が出て、日経平均株価は終値で2日ぶりに1万円台を回復しました。

コメ作況 3年ぶりやや不良に
ことしのコメの作況指数は、夏の天候不順などの影響で、全国平均で「98」と3年ぶりにやや不良となりましたが、収穫量は年間の消費をおよそ10万トン上回るとみられることから、農林水産省は市場からコメを買い上げる政府備蓄の上積みについて検討を進めることにしています。

日銀“異例の措置”を解除へ
日銀は30日の金融政策決定会合で、金融危機で悪化した企業の資金繰りを支えるため異例の措置として導入した、企業が発行した社債などを日銀が買い取る制度について、ことし12月末で終了することを決めました。

JXホールディングス 誕生へ
石油業界最大手の「新日本石油」と「新日鉱ホールディングス」は、経営統合後の新しい社名を「JXホールディングス」とする経営統合の契約を30日、正式に結ぶことになり、原油から非鉄金属まで扱う一大資源会社が誕生することになりました。

2次補正 関係閣僚に検討指示
菅副総理兼国家戦略担当大臣は30日の閣僚懇談会で、政府が来年の通常国会での提出を検討している第2次補正予算案について、雇用、環境、景気刺激に配慮した編成を行いたいとして、関係閣僚に具体的な内容を検討するよう指示しました。

郵政見直し 法案を閣議決定
政府は、郵政民営化の抜本的な見直しに向けて、「日本郵政」グループの株式などの売却を凍結する法案を30日の閣議で決定し、国会に提出しました。

日航再建対策本部 設置を決定
政府は企業再生支援機構による支援を要請した日本航空について、前原国土交通大臣を本部長に関係省庁が参加する対策本部を設置することを正式に決め、国としての具体的な支援策の検討を急ぐことになりました。

税制改正要望 締め切り迎える
来年度の税制改正に対する各省庁からの要望は30日に提出の締め切りを迎え、民主党が政権公約に掲げた中小企業の法人税率の引き下げや、ガソリンなどに課税する「地球温暖化対策税」などの要望が出される見通しです。

返済猶予法案 閣議決定し提出
政府は、景気の悪化に苦しむ中小企業などの借入金の返済を金融機関に猶予するよう促す法案を30日の閣議で決定し、国会に提出しました。

NY市場でドルと円が上昇、安全資産への買い膨らむ
 [ニューヨーク 30日 ロイター] 30日のニューヨーク外国為替市場でドルと円が上昇。株大幅安や景気をめぐる不透明性から、安全資産としての両通貨への買いが膨らんだ。


NY株主要指数が大幅反落、景気回復めぐる懸念広がる
 [ニューヨーク 30日 ロイター] 米株式市場は急反落し、ダウの下げ幅は7月以来の大きさとなった。景気回復の勢いは、過去7カ月間の株高を維持するには不十分との見方が広がった。また、シティグループの財務状況をめぐる懸念を背景に金融株が売られた。


欧州株式市場はまちまちの米指標などで主要指数急反落
 [ロンドン 30日 ロイター] 欧州株式市場は、米指標が強弱まちまちとなるなか急反落。利益確定の売りも出た。FTSEユーロファースト300種指数は月間ベースで6月以来初めて下落した。


11月のG20でドルは主要議題とならない=ロシア代表筋
 [モスクワ 30日 ロイター] ロシアの関係筋が30日明らかにしたところによると、11月に開催される20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、ドルは主要議題にならない見込み。G20で為替について討議することについて米国が前向きでないもようと指摘した。


ECBは景気回復見通しに慎重、二番底の可能性も─中銀筋=MNI
 [フランクフルト 30日 ロイター] ユーロ圏の銀行システムの状況は依然不安定で、欧州中央銀行(ECB)は景気回復について非常に慎重な見方をしている。マーケット・ニュース・インターナショナル(MNI)が複数の中銀筋の話として伝えた。


中国人民元は将来一定の国際地位確立すべき=中銀総裁
 [上海 30日 ロイター] 中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は30日、世界的な金融危機に対応するために、中国は人民元の安定維持に向けて特別な政策を取っているものの、引き続き為替改革を目指していく、との考えを示した。


10月米ミシガン大消費者信頼感は70.6に低下
 [ニューヨーク 30日 ロイター] ロイター/ミシガン大学の調査した10月の米消費者信頼感指数(確報値)は70.6と、前月の73.5から低下した。


急成長見込む日銀の展望リポート、前提条件の達成は可能か
 [東京 30日 ロイター] 日銀は30日に発表した「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)で、2011年度の実質国内総生産(GDP)が潜在成長率を「明確に上回る」2.1%まで高まるとのシナリオを示した。


財政規律・市場の信認確保に議論開始=政府の検討会
 [東京 30日 ロイター] 政府は30日午後、「財政に対する市場の信認確保に関する検討会」の初会合を開き、中長期的な視点に立脚した財政規律や市場からの信認確保のあり方に関する議論を開始した。


9月米個人消費支出は5カ月ぶり減少
 [ワシントン 30日 ロイター] 米商務省が30日発表した9月の個人消費支出は0.5%減と5カ月ぶりに減少した。8月に終了した政府による自動車買い替え支援策の効果が薄れたことが背景とみられる。


ドコモとKDDI 不振が続く
携帯電話大手3社のうち、NTTドコモとKDDIの先月までの半年間の携帯電話の販売台数は、前の年の同じ時期と比べて14%を超える大幅なマイナスとなり、販売不振が続いていることがわかりました。

7割近い企業 見通し据え置き
企業のことし9月の中間決算の発表がピークを迎え、企業業績の改善傾向が鮮明になっていますが、来年3月までの1年間の業績見通しについては、70%近い企業が当初の予想を据え置き、先行きについて慎重な見方を崩していないことがわかりました。

大手電機 8社中7社が黒字に
大手電機メーカーのことし7月から9月までの営業損益は、薄型テレビの国内販売が好調だったことなどから、大手8社のうち7社が黒字となり、政府の景気対策などの効果で業績の改善傾向が続いています。

証券大手5社 黒字を確保
証券大手5社のことし9月の中間決算は、金融市場が落ち着いたことで投資信託の販売が伸びたことなどから、各社とも黒字を確保しました。

環境税と控除見直しが焦点に
各省の税制改正要望が30日に提出されたことから、政府税制調査会は今後、来年度の税制改正に向けた本格的な議論に入り、温暖化対策としてガソリンなどに対する環境税導入の是非や所得税の扶養控除をどこまで見直すかなどが焦点になる見通しです。

AIG 日本事業の売却を中止
アメリカ最大手の保険グループ「AIG」は、金融危機による経営悪化によって売却の方針を示していた、日本の生命保険会社「AIGエジソン生命」と「AIGスター生命」について、経営を維持して収益を上げるほうがグループの経営の建て直しにつながるとして売却を中止することを決めました。

日航再建対策本部 初会合開く
深刻な業績不振に陥っている日本航空の再建について協議する政府の対策本部の初会合が開かれ、当面の事業継続に必要な融資に政府保証をつけることなどの支援策の検討を急ぐことになりました。

税制改正要望 締め切り迎える
来年度の税制改正に対する各省庁からの要望は、30日に提出の締め切りを迎え、民主党が政権公約に掲げた中小企業の法人税率の引き下げのほか、ガソリンなどを対象にした「地球温暖化対策税」導入などの要望が出されました。

中国ベンチャー市場 株価高騰
中国政府が初めて開設したベンチャー企業向けの株式市場の取り引きが始まり、上場したすべての銘柄で株価が高騰して、一時取り引きが停止になるなど、高い経済成長を取り戻した中国の新しい株式市場に強い関心が示されました。

中間決算 改善も先行きは慎重
東京証券取引所に上場する企業のことし9月の中間決算の発表が30日、ピークを迎え、企業業績は夏以降、景気対策の効果などで改善傾向が強まっていますが、先行きについては慎重な見方をする企業が多く、来年3月までの1年間の業績見通しは2年連続で減益となっています。

日経平均株価 1万円台回復
30日の東京株式市場は、アメリカの景気回復への期待感が高まったことから、多くの銘柄に買い注文が出て、日経平均株価は終値で2日ぶりに1万円台を回復しました。

コメ作況 3年ぶりやや不良に
ことしのコメの作況指数は、夏の天候不順などの影響で、全国平均で「98」と3年ぶりにやや不良となりましたが、収穫量は年間の消費をおよそ10万トン上回るとみられることから、農林水産省は市場からコメを買い上げる政府備蓄の上積みについて検討を進めることにしています。

日銀“異例の措置”を解除へ
日銀は30日の金融政策決定会合で、金融危機で悪化した企業の資金繰りを支えるため異例の措置として導入した、企業が発行した社債などを日銀が買い取る制度について、ことし12月末で終了することを決めました。

JXホールディングス 誕生へ
石油業界最大手の「新日本石油」と「新日鉱ホールディングス」は、経営統合後の新しい社名を「JXホールディングス」とする経営統合の契約を30日、正式に結ぶことになり、原油から非鉄金属まで扱う一大資源会社が誕生することになりました。

2次補正 関係閣僚に検討指示
菅副総理兼国家戦略担当大臣は30日の閣僚懇談会で、政府が来年の通常国会での提出を検討している第2次補正予算案について、雇用、環境、景気刺激に配慮した編成を行いたいとして、関係閣僚に具体的な内容を検討するよう指示しました。

非正規労働者の失職24万4308人、前回から5556人増

企業の雇い止めなどで2008年10月以降に失職したか、2009年12月末までに失職する非正規労働者は合計24万4308人になるとの集計結果を、厚生労働省が10月30日に発表した。9月の前回報告から5556人増えた。9、10月の失職は1万人…



9月の消費支出、実質1.0%増、2カ月連続の伸び、医療費が1割増

総務省が10月30日に発表した9月の家計調査報告によると、1人暮らしを除く1世帯当たりの消費支出は27万7110円で、物価変動の影響を除いて前年同月から実質1.0%増加し、2カ月連続で前年を上回った。交際費、自動車、テレビ、パソコン関連の…



モス、楽天でネット通販、11月より野菜や冷凍チキンなど

ファストフードの「モスバーガー」を展開するモスフードサービスは、楽天のオンラインショッピングモール「楽天市場」に出店し、11月4日より通信販売を開始する。店名は「モスバーガーオンラインショップ」。2010年度に約3000万円の販売を見込む。



9月の消費者物価2.3%下落、下げ幅やや縮小、7カ月連続の前年割れ

総務省が10月30日に発表した9月の全国消費者物価指数(CPI、2005年=100.0)は、値動きの激しい生鮮食品を除く総合指数が100.2と前年同月から2.3%下落し、7カ月連続で前年を下回った。ただし5?8カ月に4カ月連続で過去最大を…



PR: ◆新製品◆パナソニック・フルハイビジョン映像の迫力!
  インターネットで離れた拠点とその場を共有。会議を超える新コミュニケーションとは?


健康づくりのキーワードは「地域資源×気付き」 天地人ゆかりの地で「天・地・健康人コンソーシアム」が始動

直江兼続の生誕の地として有名な新潟県南魚沼地域で、新たな健康づくりの取組みがスタートした。その名も「天・地・健康人コンソーシアム」。風土・空気・水・土そのものが人の健康のあり方に深くかかわっていることをプラスに評価し、南魚沼地域が誇る農産…



9月の失業率5.3%、2カ月連続の改善、求人倍率は2年4カ月ぶり上昇

総務省が10月30日に発表した9月の完全失業率(季節調整値)は5.3%と、前月から0.2ポイント低下し、2カ月連続で改善した。一方で厚生労働省が同日発表した有効求人倍率(同)は0.43倍と、過去最悪だった前月、前々月から0.01ポイント上…



民主党・温暖化政策の中味が見えない

民主党政権の発足後、温暖化政策に関する動きが目まぐるしい。9月7日、首相就任を目前に控えていた鳩山由紀夫首相が、2020年までに温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減するという中期目標を表明した。9月20日には日曜日にもかかわらず首…



茂木俊輔:「自然の風は取り込みたい」「でも、泥棒に侵入されないか心配」??この矛盾に「採風格子窓」を!

ちょっと窓を開けておきたいというときがある。久しぶりに晴れ間の出た日、換気を兼ねて、ふだんは使わない1階和室の窓を開けておきたい、寝苦しい真夏の夜、寝室に風を通すため2階廊下の窓を開けておきたい、……。自然の風を取り込む狙いだ。



PR: <パナソニック>事業継続ソリューション
  新型インフルエンザや災害など、不測の事態に備えたコミュニケーション環境をご提案


スポーツなどのスポンサーシップ「より多くの予算減」業界の3分の1が予測

IFMグループが6?7月に世界30カ国で行った調査によると、スポーツなどのスポンサーシップ契約について、2009年は業界関係者の33%が「より多くの予算削減」に直面すると予測している。ほかに「多少の削減を含む停滞」が44%。「今年の終わり…



宮田秀明:“玄人”の限界、“素人”の創造性

「アマチュア」と「プロ」とはどう違うのだろう。「本当のプロ」とはどういう職業人を指すのだろう。私は、普通のプロと一流のプロがいると思う。一流のプロは、異分野の仕事を任せても成果を出せるプロのことを言う。



【BusinessWeek特約】“在宅起業家”が米国で台頭

最近の調査で、米国経済における在宅事業者の重要性が明らかになった。米国の在宅事業者は、総事業者数の半数以上を占めており、その総雇用者数では、ベンチャーキャピタルが出資する企業の総雇用者数を上回っている。



加速滑らかな環境対応車

ギアチェンジの振動を感じることなく加減速ができるCVT(無段変速機)。日産自動車は逆転の発想でCVTの性能を上げながら小型・軽量化に成功。クルマ総量で排ガスを減らすため、ガソリン車の地道な改良を続ける。



新幹線開通で青森や熊本に人は殺到するか

前原誠司・国土交通相がテレビや新聞をにぎわせない日はないと思えるほど、国交省の仕事に注目が集まっています。ダム建設、地方空港、高速道路、そして新幹線。



「ちょこっと手芸」に人気

手芸に、ブーム再来の兆しがある。ただ、これまでのブームとは様相がやや異なるようだ。



隠れた世界企業:菌一筋、白寿のバイオ企業

酒が腐らない麹。祖業の菌類開発を99年かけてじっくり育ててきた。「技術が資本」を貫き、時に研究開発に売上高の5倍の10億円を投じて飛躍。麹菌で培った培養技術をテコに、環境・農業分野のバイオ企業へと脱皮を図る。



気象・波浪予報、民間が健闘、7割が増収、8割が黒字

帝国データバンクによると、純粋な民間企業として気象・波浪予報を手がける11社のうち、2008年度は8社が増収となり、10社が黒字だった。気象業務法改正による「予報の自由化」から14年が経過し、予報業務許可を取得した気象関連企業が活躍の場を…



夏原武:ドロップシッピングという名の「悪徳商法」で被害者続出!

景気が厳しい。ボーナスが0になったり給料が減らされたり。苦しくてサイドビジネスをしたくなることも多いだろう。実際、サイドビジネスへの誘いは、そこここにある。



PR: ≪ 申込無料 ≫ IIJの最新技術セミナー開催!
  【11/18-20】クラウド要素技術やセキュリティ・ネットワーク技術を紹介


パナソニックの三洋電機TOB、中国当局の審査は11月3日までに結果

パナソニックによる三洋電機の株式公開買い付け(TOB)について、中国と米国以外の各国の競争法当局が承認し、中国でも11月3日までに審査の結果が出る見通しとなった。両社が10月29日付けで明らかにした。三洋電機は28日、電池事業の一部を第三…



PR: 【Flash×SEO】最新モバイルセミナー
  検索ユーザに来てもらう・買ってもらえるサイトとは? 11/5開催、専業2社解説。


ガソリン店頭価格、下落は4週連続に、127.4円

レギュラーガソリンの給油所店頭価格は、10月26日時点で全国平均1リットル127.4円と、前週より0.5円安くなった。4週連続の値下がり。石油情報センターが28日にまとめた。



法人所得35.4%減の38兆円、黒字申告は初の30%割れ、国税庁まとめ

国税庁がまとめた2008事務年度の法人所得は総額37兆9874億円と、前年度に比べ35.4%(20兆8370億円)減となった。黒字申告した法人の割合は29.1%と、3.3ポイント低下し、初めて30%を割り込んだ。



PR: <パナソニック>事業継続ソリューション
  新型インフルエンザや災害など、不測の事態に備えたコミュニケーション環境をご提案


「ベイブレード」の再流行から学ぶ“変わらないもの”と“変えるべきもの”
私事で恐縮ですがポケモンにはまっていた小学2年生の息子が、最近あまりポケモンでは遊ばなくなりました。ポケモンには幼稚園の年中からはまっておりもう4年目。大量のポケモンカードから始まり、アニメ、ゲーム、映画、夏休みにはJRの駅を回るポケモン…

「羽田ハブ」に30年無策のツケ
「羽田を日本のハブ空港に」。前原国交相の発言が論争を巻き起こしている。関係自治体は反発するが、羽田のハブ化は必然。だが、実現には長年タブー視されたがゆえの盲点があった。

「子ども手当」優先の厚生無策
厚生労働省が子育ての財源を確保するために5213億円の補正予算を凍結した。その中には未承認薬の開発支援など製薬業界が待ち望むものもあった。対症療法に走ったインフルエンザ対策でも外資頼みが鮮明になりつつある。

【BusinessWeek特約】新OS「Windows 7」、好発進のわけ

米マイクロソフトが、パソコン用基本ソフト(OS)「Windows(ウィンドウズ)」の最新版「Windows 7(セブン)」を発売。前バージョン「Windows Vista(ビスタ)」が発売当初から不評だったのに対し、市場は今回発売された新…



PR: ”公式”エジソン生命保険が
あなたの最適な保険選び・見直しのお手伝いをさせて頂きます。


三洋電機、電池事業を一部売却、パナソニックとの提携を当局が問題視

三洋電機は10月28日、電池事業の一部を富士通の子会社に譲渡すると発表した。同じく電池事業を手がけるパナソニックが三洋電機と資本・業務提携する計画を、複数の国の競争法当局が問題視しているため。三洋電機の電池事業の一部を第三者に譲渡すること…



PR: 世界も、自分も、変えるシゴト。海外ボランティア募集中
  派遣枠を拡大したJICAボランティアの募集情報はコチラ。書類受付は11/9まで。


中~高級店を厳選!飲食店モニターサイト「くぅべる」がスタート

エンレスト(東京都新宿区)は、中~高級店を対象にしたモニターサイト、「くぅべる」を開設した。



PR: ETFの【iシェアーズ】サイトがリニューアル
  ETFのトップブランド「iシェアーズ」に関する詳細情報が充実


マネックス証券とオリックス証券が合併、2010年5月めど

インターネット証券のマネックス証券とオリックス証券は、2010年5月をめどに合併する。合併後の預かり資産残高は2兆1000億円超、証券口座数130万超と、国内最大級になる見通し。システム関連費用の削減などを通じて大幅なコスト削減を図る。両…



9月の小売業販売額1.4%減、減少率は3カ月続けて縮小

経済産業省が10月28日に発表した9月の小売業販売額(全店ベース、速報値)は、前年同月比1.4%減の10兆5440億円だった。13カ月連続で前年割れしたが、自動車、機械器具小売業などが売り上げを伸ばしたことから、減少率は3カ月続けて縮小し…



鳩山「中期削減目標」の前提条件は満たされるか?

2009年9月22日、国連気候変動首脳会合(気候変動サミット)の場で鳩山由紀夫首相は、「温暖化を止めるために科学が要請する水準に基づくものとして、1990年比で言えば2020年までに25%削減を目指します」と宣言し、出席者の喝采を浴びた。…



PR: リーダーの皆様のための新たな洞察 LEADERS' INSIGHT
「短期成果型アクション:シーズン2、緊急売上拡大オファリング」公開


花王、「エコナ」自粛で損失59億円、10年3月期予測を下方修正

花王は、10月27日に2009年9月中間決算を発表し、食用油「エコナ」の販売自粛に伴う費用59億4800万円を計上したことを明らかにした。また、2010年3月期の連結業績見通しを下方修正した。



ソニー、「VAIO」電源アダプター6万3000台を無償交換、漏電などの恐れ

ソニーは10月27日、「VAIO」ブランドのパソコンや周辺機器に付属するACアダプター約6万3000台に漏電などが発生する恐れが見つかったとして、対策済みの製品と無償交換を始めると発表した。漏電などにより家庭のブレーカー(遮断機)が落ちた…



ニトリ、10月末から400品目を15?40%値下げ、今年4回目

家具/インテリア販売大手のニトリは10月31日より、400品目を対象に15?40%の値下げを実施すると発表した。2009年に入って4回目の値下げとなる。



PR: ≪ 申込無料 ≫ IIJの最新技術セミナー開催!
  【11/18-20】クラウド要素技術やセキュリティ・ネットワーク技術を紹介


カーシェアリング。ルームシェアリング。??「所有」から「シェアする」生活への転換で、「不況を生き抜く」

日本人の特徴なのか、「物を他人とシェア(共有)する」ことに抵抗感や躊躇を感じる人がまだまだ多い。しかしながら2008年9月に起きたリーマンショック以降、いまだ日本経済の先行きは不透明である。



介護職従事者が辞める理由 「給与の低さ」突出、条件面の改善課題に

介護支援専門員(ケアマネジャー)などの資格を持った介護職従事者が仕事を辞める理由は「業務内容の割に給与が低いから」が30.5%で最も多かった。この理由による介護職従事者の辞職の割合は、全職種平均(15.7%)や医療系の有資格者(20.8%…



普及住宅でゼロエネルギーを、トヨタホーム森岡社長

2013年にゼロエネルギー住宅を商品化すると宣言したトヨタホーム。森岡仙太社長は、それを一般的な普及住宅で実現するのだと強調する。創エネ・省エネ、さらにはコストダウンなどに関するトヨタグループの技術と知恵を結集し、同社は目標実現に挑む。



【BusinessWeek特約】携帯電話のクラウドサービス、過信は禁物

クラウドコンピューティング・サービスを利用して、アドレス帳や電子メールなどのデータを携帯電話からウェブサイト上に保存する消費者が増えている。そんな中、保管したデータが消失するなどの問題が生じている。



PR: 【マカフィー・ストア】20%OFFすぐにダウンロード
  自動アップデートでいつも安全!マカフィー・インターネットセキュリティ20%OFF


池原照雄:主戦場は新自動車大国・中国へ

今年の自動車生産と新車販売で世界のトップとなる中国。今後もその座を他国に譲ることはなく、名実ともに21世紀の自動車大国としてこの産業にさまざまな影響力を及ぼしていくことになるのだろうか。



吉田鈴香:ウイグルの母「チベットは先に国際ステージに立った」

ウイグルの母、ラビア・カーディル氏の来日インタビュー。「国籍はどこだと思っているか」「CIA、米国議会からの支援はいつまで」…。予想外の答えに筆者は「不思議な感じ」を持ったのだった。



上司もすぐ分るクチコミ調査報告、ニュース検索を使ってみよう

前回のコラムでは、無料のブログ検索サービスである「Yahoo!ブログ検索」を利用して、ネット上のクチコミ量を定量的に調査する方法を紹介しました。 また、ブログでの言及数を見られるブログ検索は、検索数のみ確認できる「Googleトレンド」と…



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。